低金利の金融会社のカードローンに切り替えた経験

MENU

低金利の金融会社のカードローンに切り替えた経験

私は契約社員として仕事をしていましたが、昨年に旅行や自動車教習所の費用を借りるために消費者金融のカードローンを利用していました。お金を借りてから毎月返済をし続けていましたが、いつも利用していた銀行で期間限定のカードローンのキャンペーンをやっていたのでインターネットで申し込んでみました。

 

仕事が非正規なので審査に通過する自信はありませんでしたが、もしも審査に通ってお金を借りることができれば低金利の銀行カードローンに借り換えをするつもりでした。

 

翌日に審査に通過したとの通知がメールで届き、消費者金融で利用していたのと同額の限度額で利用できる事になりました。銀行カードローンは年利が14.6%で、消費者金融の金利(18%)よりも低利です。審査結果が届いた1週間後にローンカードが届いたので早速キャッシングをして、消費者金融から借りていた分を一括返済しました。

 

翌月からは銀行に返済をすることになりましたが、普通預金口座からの自動引き落としなので返済日までにATMに入金する必要がありません。自動引き落としで勝手に返済が続けられて、気が付いたら数ヶ月後に完済していました。

 

銀行カードローンは申し込みをしてからキャッシングができるようになるまでに消費者金融よりも長い時間がかかりましたが、低金利であるのと口座から自動的に引き落とされることから返済の負担が軽く感じました。